矯正治療

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。
ぐっと寒さを感じる陽気になりましたね。
私にとってはちょうど動きやすい季節です。寒さもここで止まってくれると有難いですがそうはいかないのが四季ですね。

糀谷のおいで通り商店街や駅前商店街もハロウィンの飾り付けが目にも楽しいです。

さて念願だった矯正の先生が定期的に来てくださることになりました。

穏やかでとても素敵な先生で、お迎えする私がうきうき気味です(笑)

お子様方の矯正に加え最近はシニア(とはいえ40代以降ですが)の矯正も注目を集めています。

若い方々の矯正は審美的な理由が大きいと思いますがシニアの方は、歯周病の管理や被せ物を
綺麗に入れて管理しやすくしたり高齢になった時の口腔衛生管理のしやすさということが理由に挙げられてきています。

かくいう私も40を過ぎて矯正をしました。
しようと思ったきっかけも患者さんです。
私と同じような歯並びの患者さんが数年たって来院した時に抜歯となってしまいました。
歯磨きというよりも噛み合わせの影響だなと思い、自分もいずれ同じ道をたどるのではないだろうかと
感じ矯正しようと決めたのです。
本当には噛み合わせもよくなり、磨きやすくもなったと実感しています。

様々な条件はあるかと思いますがダメだとあきらめてしまう前に相談してみよう!

矯正相談は無料ですからね。

矯正ドクターの担当日はその都度HPでチェックしてみてくださいませ。

まずは10月29日15時~19時までだそうです。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 
03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/

広告

福祉調理実習!(^^)!

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。
昨夜の暴風は凄かったですねぇ。風の音がすごく怖くて何だかよく眠れませんでした。

さて9月に入って、今春から通っている調理師学校も後半戦スタート。
後半はずーっと実習になります。

飲み込みにくい食材を飲み込みやすくする工夫を学ぶ。
理想と現実はあるとは思いますが学んでいることはマイナスになることは決してないと感じています。

基本、料理が好きで学生時代からずーっと料理を習っていたのでプロのお話を聞きながら料理を作ることの楽しいこと楽しいこと。

42271837_939918629527362_6985111300116316160_n
鶏ささみの梅ソース添え

鳥のささみはパサついて食べにくい食材の一つ。それをちょっとした工夫でのど越しよく!
IMG_2086 (1)
高野豆腐と蕪の利休煮

利休とくるとどんな料理かというと胡麻を使った料理です。

少しずつ調理のポイントを積み重ねて自分なりのレシピづくりができるまで頑張ります。
そして介護をされているご家族の方や訪問医療に携わるスタッフ向けのワークショップを開きたいと思っています。

一歩ずつ一歩ずつ。。。。積み重ねですね。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 
03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/
 

健康咀嚼指導士って

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

攻撃的な暑さです。  病み気味です(笑)

その中でアジア陸上が熱戦を繰り広げておりますね。運動には興味のない私ですが
水泳、卓球、バドミントンは大好きで観ると興奮してうるさいです(笑)

さてこの週末二日間で日本咀嚼学会主催の健康咀嚼指導士研修セミナーに参加してきました。

高齢者の栄養の問題、子供たちの食育、生活習慣病予防を歯科という分野で
特に咀嚼(噛むこと)という観点からみていこうという試み。

それでも様々な分野の方々が参加していました。
歯科衛生士はもちろん栄養士さん、言語聴覚士さん、養護教諭さん。。。。

色々なジャンルの方々が関わって上記のような問題を少しでも良くしていこうということですね。

歯科医師や衛生士の方の講義はもとより違うジャンルの方々のお話はとても参考になり勉強になりました。

二日目の最後には確認テストがあります。落とすための試験ではなく確認試験ですので
講義をしっかり聞いていれば合格です。IMG_2043 (1)

それでもやっぱりうれしいですね。

少しでも患者さんの役に立つ情報を提供したい。
自分のスキルを少しでも高めていきたい。

日々精進していきます。
〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/

最近むせるなぁ。。。なんだか飲み込みづらいなぁ。。。

大田区糀谷気前くすのき歯科です。

大分しのぎやすい日が出てくるようになりました。
最近は陽気の変動で秋も短くなってきましたがカラッとした爽やかな秋の陽気が待ち遠しいです。

さてどうもむせるんだよなぁ。。。とか
何だか飲み込みづらいんだよなぁ。。。ちか
おばあちゃんのご飯作りが難しい、ペースト?ムース?形あるもの食べさせたいのだけど。。。とか
そんなことを感じたことはありませんか?

訪問歯科診療をしているとほとんどの歯科医が直面する問題が、摂食嚥下障害です。

色々な検査があるのですがその中の一つに嚥下内視鏡検査というものがあります。

実際の食事のシーンで実際に経鼻的に非常に細い(3mm)程度のファイバー内視鏡を挿入したまま、直接嚥下に問題がないかを見る検査です。
vee

最近内視鏡の性能がよくなり、患者様の負担も少なく、実際の食事のシーンで外来、訪問を問わず行えるなどの利点があり、急速に普及してきました。

実際に食事をしながら検査を進めていきますので、むせる食べ物や飲み物、食べさせたい食事などをご用意いただきながら状態をみていきます。

利点ばかりではないにしてもかなりのことがわかるので、普段のお食事や飲み物に対する工夫が客観的にわかるのでとても良い検査ではないでしょうか?

当院でもこの検査を実施していますのでお悩みがあればご相談ください。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/

オーラルフレイルって何かな?

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

暑さもひと段落したのでしょうか?もういいですよねぇ。。。

最近よく耳にするようになった「オーラルフレイル」とは、どんなことでしょうか?

英語で「オーラル」は『口腔の』、「フレイル」は『虚弱』を意味します。
簡単にいうと『口を介した体の衰え』のことです。
年齢を重ねて足腰の筋力が低下するのは、一般的にごく当たり前のことですが、『口の衰え』が身体全体、さらには精神的な部分や社会的な面も含めて、健康と大きな関わりがあるのです。
特に高齢者の方の衰えについては、介護が必要な状態にならないようにと、身体を動かして鍛える、あるいは筋力を維持することの重要性がフォーカスされがちです。でも実は健康を維持するには、口も大切な役割を果たしているのです。

口が担う大切な役割とは、どんなことですか?

おもに2つあります。
(1)食べ物を噛んで飲み込む栄養摂取の入り口
(2)会話を行うコミュニケーションの窓口
です。

やはり口の重要性というと、食べること、栄養摂取の部分が真っ先に思い浮かぶと思いますが
人と会話をするも大切ですね。
コミュニケーションに支障をきたすこともあり、そのことはとても大きな問題といえます。

そもそも「オーラルフレイル」は、口の中の食べ物を飲み込む嚥下機能や、舌や唇を動かす力やスピードといった口腔機能の低下によって『うまく噛めない、咀嚼ができない』という悩みからはじまります。

うまく噛むことができないと、食べられない食品が増えるため、食事量や食欲が減少していきます。
栄養が摂取できなければ身体は弱ってしまいますよね。
加えて、口を動かす機能の低下は発音や会話がスムーズにできなくなってしまうため、人と会ったり外出したりすることが次第に億劫になってしまいます。
口の機能の低下が、人との関わりの減少にまでもつながってしまうのです。

家でじっとしていては、運動量の低下はもちろん、体のさまざまな機能も衰えていきます。やがて日常の生活動作でさえも困難になりかねません。また社会との関わりが薄れることで、行動意欲の低下にもつながり、活発さも失われます。
口腔機能が低下した末に、うつっぽくなって家に閉じこもりがちになる……というのは、ありがちな話です。食べる、話すという口を動かすことは、精神的な部分ともかかわりがあるのかもしれませんね。

ところで、高齢者に食べこぼしなどが多いのは、「オーラルフレイル」が要因の多くを占めると言われています。

高齢になると、歯磨きや自分の口腔内のケアやチェックが上手にできなくなりがちです。
その結果、口腔内が不潔になり、歯周病やむし歯が増えます。
歯周病やむし歯で歯を失うと、より一層噛む力が低下します。すると、食べこぼしや噛み切れない物が増えて、体内に取り入れることができなくなってしまいます。

ちなみに、残っている歯の本数と、咬合力(歯を噛みしめたときの力)や咀嚼力には密接な関係があるとされ、一般的に残存歯が20本未満になると、咬合力はガクンと低下します。歯が少なくなると、やはり「オーラルフレイル」に陥りやすくなるのです。
お口周りの機能や歯を健康に保つって大切ですね。
illust_2
〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/

冷茶の季節だ!

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

皆さんは夏にはどんな飲み物をいただきますか?

私はいつでも。。。最終的には緑茶にいきつくというか、緑茶を飲みたい人です。

cfa561cc

夏は冷茶が美味しい。ペットボトルのお茶は基本いただきません、好きじゃないから。

syoutyuu-ryokucha

ガラスの器に冷茶、涼やかですよねぇ。

さてそんな緑茶の効能は?

渋味、苦味、うま味などの独特な味わいをもつ緑茶には、

人間の健康によい影響を与えるとされる成分が多く含まれており、実に多様な効果・効能があります。

歯科関連に特化してお話すれば。。。。

、緑茶にはフッ素が多量に含まれており、1日にコップ1杯(約100cc)飲むと、

かなりの虫歯予防になると考えられています。

また、緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンは、殺菌作用があります。

むし歯菌(ミュータンス菌)に緑茶を加えて培養すると、1時間後にはほとんど死滅するというデータもあるほどです。

これは、カテキンには細菌の細胞膜に損傷を与える作用と、細菌が出す毒素を解毒する作用があるからです。

さらに、お茶には砂糖が入っていることが少ないというのも、重要な要素ですね。

以上のことから、緑茶は虫歯予防に効果的といえるでしょう。

しかし、緑茶には歯を着色させる欠点もあるので摂取の頻度は工夫した方がいいかと思います。

そして虫歯を作らないためには、正しいブラッシングやフロスの使用が重要です。

そして定期的なメンテナンスが重要になってきます。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 

03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

嚥下音を聴く

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

この2年、月の週末の半分はほぼセミナー、残り半分は彫金という感じになっています。
セミナーは8割が訪問診療、2割が一般診療に関することのような気がします。

一般診療は今まで積み重ねてきたことを上書きしていく感じですが訪問は新規に入れていく感じです。

去年くらいから、ぼちぼち耳を鍛えていかないとなぁと感じ頸部聴診のセミナーに参加することが増えてきました。

先週末、言語聴覚士さん(ST)が講師のセミナーに参加してきました。
image1
頸部聴診に関してはSTさんの方が現場に近くとても良いです。

色んな嚥下音を聴き、どこに問題があるとこの音になるのか、じゃぁどういうリハビリが有効なのか

様々な症例で検討していきました。

リハビリはとても参考になり、局所的なリハをする前に大きなところからのストレッチがとても大切だそうです。

また少しずつ患者さんに役立てていけたらなぁ。

そして私愛用の聴診器には大好きなスマイルちゃんが。。。。

image2

かわいいなぁ。。。ほっ💛

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/