オーラルフレイルって何かな?

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

暑さもひと段落したのでしょうか?もういいですよねぇ。。。

最近よく耳にするようになった「オーラルフレイル」とは、どんなことでしょうか?

英語で「オーラル」は『口腔の』、「フレイル」は『虚弱』を意味します。
簡単にいうと『口を介した体の衰え』のことです。
年齢を重ねて足腰の筋力が低下するのは、一般的にごく当たり前のことですが、『口の衰え』が身体全体、さらには精神的な部分や社会的な面も含めて、健康と大きな関わりがあるのです。
特に高齢者の方の衰えについては、介護が必要な状態にならないようにと、身体を動かして鍛える、あるいは筋力を維持することの重要性がフォーカスされがちです。でも実は健康を維持するには、口も大切な役割を果たしているのです。

口が担う大切な役割とは、どんなことですか?

おもに2つあります。
(1)食べ物を噛んで飲み込む栄養摂取の入り口
(2)会話を行うコミュニケーションの窓口
です。

やはり口の重要性というと、食べること、栄養摂取の部分が真っ先に思い浮かぶと思いますが
人と会話をするも大切ですね。
コミュニケーションに支障をきたすこともあり、そのことはとても大きな問題といえます。

そもそも「オーラルフレイル」は、口の中の食べ物を飲み込む嚥下機能や、舌や唇を動かす力やスピードといった口腔機能の低下によって『うまく噛めない、咀嚼ができない』という悩みからはじまります。

うまく噛むことができないと、食べられない食品が増えるため、食事量や食欲が減少していきます。
栄養が摂取できなければ身体は弱ってしまいますよね。
加えて、口を動かす機能の低下は発音や会話がスムーズにできなくなってしまうため、人と会ったり外出したりすることが次第に億劫になってしまいます。
口の機能の低下が、人との関わりの減少にまでもつながってしまうのです。

家でじっとしていては、運動量の低下はもちろん、体のさまざまな機能も衰えていきます。やがて日常の生活動作でさえも困難になりかねません。また社会との関わりが薄れることで、行動意欲の低下にもつながり、活発さも失われます。
口腔機能が低下した末に、うつっぽくなって家に閉じこもりがちになる……というのは、ありがちな話です。食べる、話すという口を動かすことは、精神的な部分ともかかわりがあるのかもしれませんね。

ところで、高齢者に食べこぼしなどが多いのは、「オーラルフレイル」が要因の多くを占めると言われています。

高齢になると、歯磨きや自分の口腔内のケアやチェックが上手にできなくなりがちです。
その結果、口腔内が不潔になり、歯周病やむし歯が増えます。
歯周病やむし歯で歯を失うと、より一層噛む力が低下します。すると、食べこぼしや噛み切れない物が増えて、体内に取り入れることができなくなってしまいます。

ちなみに、残っている歯の本数と、咬合力(歯を噛みしめたときの力)や咀嚼力には密接な関係があるとされ、一般的に残存歯が20本未満になると、咬合力はガクンと低下します。歯が少なくなると、やはり「オーラルフレイル」に陥りやすくなるのです。
お口周りの機能や歯を健康に保つって大切ですね。
illust_2
〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/

広告

冷茶の季節だ!

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

皆さんは夏にはどんな飲み物をいただきますか?

私はいつでも。。。最終的には緑茶にいきつくというか、緑茶を飲みたい人です。

cfa561cc

夏は冷茶が美味しい。ペットボトルのお茶は基本いただきません、好きじゃないから。

syoutyuu-ryokucha

ガラスの器に冷茶、涼やかですよねぇ。

さてそんな緑茶の効能は?

渋味、苦味、うま味などの独特な味わいをもつ緑茶には、

人間の健康によい影響を与えるとされる成分が多く含まれており、実に多様な効果・効能があります。

歯科関連に特化してお話すれば。。。。

、緑茶にはフッ素が多量に含まれており、1日にコップ1杯(約100cc)飲むと、

かなりの虫歯予防になると考えられています。

また、緑茶に含まれるポリフェノールの一種であるカテキンは、殺菌作用があります。

むし歯菌(ミュータンス菌)に緑茶を加えて培養すると、1時間後にはほとんど死滅するというデータもあるほどです。

これは、カテキンには細菌の細胞膜に損傷を与える作用と、細菌が出す毒素を解毒する作用があるからです。

さらに、お茶には砂糖が入っていることが少ないというのも、重要な要素ですね。

以上のことから、緑茶は虫歯予防に効果的といえるでしょう。

しかし、緑茶には歯を着色させる欠点もあるので摂取の頻度は工夫した方がいいかと思います。

そして虫歯を作らないためには、正しいブラッシングやフロスの使用が重要です。

そして定期的なメンテナンスが重要になってきます。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 

03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

嚥下音を聴く

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

この2年、月の週末の半分はほぼセミナー、残り半分は彫金という感じになっています。
セミナーは8割が訪問診療、2割が一般診療に関することのような気がします。

一般診療は今まで積み重ねてきたことを上書きしていく感じですが訪問は新規に入れていく感じです。

去年くらいから、ぼちぼち耳を鍛えていかないとなぁと感じ頸部聴診のセミナーに参加することが増えてきました。

先週末、言語聴覚士さん(ST)が講師のセミナーに参加してきました。
image1
頸部聴診に関してはSTさんの方が現場に近くとても良いです。

色んな嚥下音を聴き、どこに問題があるとこの音になるのか、じゃぁどういうリハビリが有効なのか

様々な症例で検討していきました。

リハビリはとても参考になり、局所的なリハをする前に大きなところからのストレッチがとても大切だそうです。

また少しずつ患者さんに役立てていけたらなぁ。

そして私愛用の聴診器には大好きなスマイルちゃんが。。。。

image2

かわいいなぁ。。。ほっ💛

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/

診断と現症

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

GWはいかがお過ごしでしたか?
私は趣味の引き籠り(笑)に徹し家の掃除を。。。
これがなかなかで高圧洗浄機を使ってお風呂やベランダ(しかもマンション!)の掃除をするのですが
気持ちいいのなんのって。。。。

そして大好きな彫金作業でのんびりリフレッシュできました。

さてそんなのんびりGWにメールで,摂食嚥下の研究グループであれこれ。

議題はパーキンソン病における病態について。
まぁ小難しい話ですがやはりこれだよなぁと感じたのが

【オッカムの剃刀】【ヒッカムの格言】医療従事者であればこの言葉とその意味は分かると思いますが」
ざっくり言ってしまうと

オッカムは色んな症状がありますが結局原因はひとつという考え方
ヒッカムは一つの疾患にだけ罹っているとは限らない

ということです。

訪問で高齢者の方々を拝見していくと、問診票に書いてあることだけでは理解しにくい症状に多々ぶち当たります。
そうするともしかして。。。と考えを進めていくのです。

私たちに必要な目ってなんでしょうかね?
そこに書かれていたことで私も同じように考えているなぁと思いいたりました。

『診断というマクロを俯瞰する目、現症というミクロに観察する目』

普段医療に携わる中で一番大切にしていることが観察です。
それは病態に留まらず、ちょっとした話し方や動作にまで及ぶことが大事だと思っています。
その中に患者さんに関わる情報がたくさんあるわけですね。

行きつくところどの仕事にも言えることでしょうけれど、観察と考える力、それは情報収集と情報分析・編集力とも言えますね。

そんな小難しいことを考えながらの休日でした。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp

根の治療に使うセメントについて

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

大分暑い日が出てきましたねぇ。
寒さより暑さが苦手な私にはちょっと憂鬱です。

食欲が極端に減ってしまってどうもどうも。。。。

まっ果物とパフェと餃子があればなんとかなる(笑)

ところで先日歯内療法の勉強会に行ってきました。
2週続けてマイクロスコープを使って根の治療をするテクニック。。。

micro1

今まで肉眼だけで見ていたものを高倍率のマイクロスコープを用いて細部まで確認しながら治療をしていきます。
再発させない、歯を抜かない治療方法として注目されています。

でもマイクロスコープはとても高額でそう中々買えるものではありません。
いずれマイクロスコープを買うことが夢ですが現状でも参考になることがたくさんありました。

まずは根の治療に使うセメントをMTAセメントに変えることにしました。

MTAセメントとは、1993年に米国で開発された歯科用のセメントで、1998年以降、諸外国では虫歯や歯科治療によって根の歯質に穴があいた場合や歯にひび〈クラック〉が入った時などに用いて実績を挙げています。ただの虫歯の穴ではなく、歯にあいた穴を埋めるのに使うことが可能なセメントなのです。

MTAは、強アルカリ(ph12)です。
ほとんどの細菌はph9.5で破壊されると言われています。
殺滅作用が強く、組織を刺激することにより硬組織を形成する作用があるため、直接覆髄法(歯の神経が露出した時(露髄)に使う事で神経を保存する方法)や間接覆髄法(露髄はしていないが歯の神経(歯髄)までかなり近い場合に、歯髄の保護や鎮静を目的として行われる方法)に用いたり、パーフォレーション(歯に穴が空く)の修復等にも使用されています。
くすのき歯科では、主に根管治療においてパーフォレーションなどのリペアに使用しています。
今までは、このパーフォレーションのリペアに適した材料はありませんでした。
理由は、骨に抜けてしまっている部分は出血や組織液などで濡れており、通常のセメントではなかなか接着しなかったからです。このMTAセメントは、そのような場所でも簡単に使う事ができ、しっかり接着してくれるため予後が良いことが証明されています。
また、推奨される理由として、従来の根管充填材(ガッタパーチャ)による根管充填に比べ、その硬化膨張により封鎖性が高く、漏洩による炎症を引き起こすことなく外来刺激を遮断し、また硬組織誘導能を示し、生体親和性に優れる事も挙げられます。

MTAは乾燥すると中性となり為害作用がなく、しかも生体親和性の高く身体に安心安全な材料です。
MTAは強アルカリ(pH:12.5)の為、根の先の細菌に対しての殺菌(静菌)効果も期待できます。
MTAは良質な保護層〈デンチンブリッジ)が出来るため、パーフォレーションや根の先が大きく開いた場合などに有効です。 水酸化カルシウムよりMTAの方が良質な保護層(デンチン・ブリッジ)が出来ることも分かっています。
MTAは水分があっても歯と接着するので、細菌の浸入を食い止める働きもあります。 水酸化カルシウムと異なりMTA自体歯と接着するので細菌の侵入を食い止める働きもあります。

で様々な会社から様々なMTAセメントが出ていますが色々検討した結果私が選んだのはこちらです。

B07-5014

20150216114132

これから色々な症例に使っていこうと思います。

そしてルーペ・・・・はぁ小柄な私にも合う、酔わなく頭が痛くならないルーペないかなぁ。。。

clinic17s

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp

 

観察

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。
まぁ桜も段々と葉桜となりましたが急に暑くなってきましたぁ。
さわやかな季節っていつのことになるのでしょうかね?

さて久しぶりに小難しい本を読んでいます。
IMG_5625.JPG

この本は、『平穏死のすすめ』という本の著者である石飛先生の講演の中で医療人なら是非読んでみなさいとおっしゃっていた本。
細分化された現代医学の弊害や進歩した医療の裏に見える悲しみなどがつづられているように思いますが
そこにこんな一文があります。

【視野の狭い専門家ほど危険なものはない】

この本の著者であるアレキシス・カレルさんのおっしゃる視野がどれほど広いのかはわかりませんし
比較にもならないでしょうけれど、私も常々同じように考えています。

患者さんのお話の短いセンテンスの中にはたくさんのヒントが隠されています。
そこをどれほどくみ取り、あーかもしれないこーかもしれないと想像していき、この患者さんが欲するものはこれなのかもしれないというところに落ち着く。

私が思うに視野が狭いとこの作業が中々進まないのではないでしょうかね?

では視野を広げるにはどうしたらよいのでしょうか?
これは難題ですね。

私は様々な分野の方々と会話をすること、人生の先輩とたくさん話すということで自分の偏った思考の癖を修正したり、新たな考え方をストックしたりしています。
本を読むも大切なことですね。

本を読んでいるとヒントとなるキーワードや一文に出会います。
それをしっかり自分に落とし込んでくわけですねぇ。

日々の患者さんとの会話や問診によって語られる訴えを自分の考えだけで決めつけてしまわないで
異分野の思考であっても応用したり利用することの大切さ。
特に在宅診療では本当に大切なことだなぁとつくづく感じます。

日々努力、精進ですな。。。。頑張ります~。

あー花粉症・ひのき~早く終わらないかなぁ。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
http://www.kusunoki-dental.jp

コミュニケーションスキル

大田区糀谷駅前のくすのき歯科です。

あちこちで桜が満開ですねぇ。
私の住む街も桜を愛でに来る方々で一杯です。

私は夜のしじまに眺める桜がちょっと怖くもありですが大好きです。

過日面白い場面に遭遇しました。
私の大好きなパフェを食べにとあるフルーツパーラーに行きましたら
ちょうどフランス人のカップルと隣り合わせになったのです。
29497746_846921308824983_8942715938679134069_n
お店の方がそのカップルさんに聞きたいことがあったのだけれどどう聞いていいかわからずに
困っていたので堪能でもない英語で代わりに聞いてあげました。

そこから私の小学生並みの(今日日の小学生は結構レベル高し?w)英語と保育園にも満たないフランス語と、彼らの英語で会話が始まりました。
三島由紀夫や美輪明宏、黒澤明や深作欣二が大好きだという彼ら、三島&美輪好きな私はとても嬉しくなり
トーク炸裂(しようもないほどの英語なんですがね)!

講習会の開始時間が迫る中延々トーク。1時間以上話していたのではないかしら。。。

私の行きつけのカフェ(カフェの名前がジャンコクトーの詩のタイトル、ジャンコクトーはフランス人だからいいかなぁと)を紹介して、もし時間があったら合流する約束までして別れました。

後からその場面を思い出しては不思議で不思議でなりませんでした。

だって会話が成立していたとは到底思えないのだもの。

でも彼らも楽しかったと大興奮。

フランスに来たらここに連れていくだの、あのワインを飲ませたいだの。。。

有難いなぁ。

帰国後いただいたメールに、その時の時間が本当に楽しかったこと、再会したいことなど長文のメールをいただき私も嬉しく思いました。

同じ言語でもなかなか通じないことってあるのに全然違う国、言葉の中で通じ合えることもあるんだなぁ。

それは聞く側の理解したい、相手の話すことに共感したいという気持ちがベースにあるからこそなのでしょうね。

最近知人とのメールのやり取りで全く通じないことにちょっと心折れていたのでこの出来事がとても私にヒントを与えてくれた。

患者さんとだって同じことですね。

相手のことを理解したい、こうしてあげたいあーしてあげたいという思いから、相手の話をくみ取るし
私もその気持ちを大切にしながらお話しするわけですよね。

この関係性ですね。

コミュニケーションは言語スキルでなく、感じる心スキルなんですね。

素敵なことですね。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
http://www.kusunoki-dental.jp