歯周病が腸に影響する(*_*;

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

本格的な花粉症の時期が到来しましたね。
来院される患者さんも大変そうな方がちらほら。。。。

でもでもでもでも梅の季節です。
先日在宅診療で移動の途中、聖蹟蒲田梅屋敷公園を通ったら綺麗に咲いていました。
皆さんは梅の種類ってどのくらいあるかご存知ですか?
なんとなんと400種類くらいあるんですって!驚いたもんですな。

私はちょっと変わりものなのでしょうか?(スタッフはうんうん頷いていることでしょうw)
綺麗な色の梅よりも蝋梅が大好きです。
se-8

あー池上梅園に行きたい~。

ところで最近腸内細菌のお話ってトピックですよね。
実は私も赤坂にある腸内細菌外来に通ってます。半年以上通っていますが変化してきたことが自分でもわかるほど。
auto-wTLHDz
腸の中もこんなに可愛いお花が咲き乱れるなら楽しい!

そしてその腸内細菌は歯周病とも関係しているということが分かったきました。
まぁびっくらほい。。。。

食べ物はお口から胃を通り、小腸、大腸で栄養分を取り込み、肛門で排泄されます。食べ物やつばを飲み込むと胃や腸に唾液が一緒に流れていき、お口の中に生息する細菌もこれらとともに胃や腸内へと入り込みます。

あーーーー想像したら怖いーーーー”(-“”-)”

歯周病菌には様々な種類がありますが、その1つであるジンジバリス菌(Porphyromonas gingivalis)が腸に流れ込むと腸内細菌叢がバランスを崩し、腸のバリア機能が低下、血中に細菌由来の毒素量が増加することがわかってきました。

こうした状態は歯周病と肥満や糖尿病の関連に見られる状態と共通する部分も多く、歯周病菌は、もはやお口の中の問題だけではなく、全身の健康に関与する可能性が高いとして、ますます口腔環境が注目され始めています。

さてどんな関係なのか。。。。は。。。。次回でぇ

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/

広告

発酵ライフ💛

 

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

日に日に寒くなってきました。

今頃は霜降の候ですね。霜降とは、秋も深まって一段と寒くなり朝に霜がみられる候ということです。

こういう言葉、季節の表現は日本らしくて大好きです。

今頃になると天気予報で木枯らし一号の報が知らされたりします。

昨日、藁納豆を作るワークショップに行ってきました。

22885817_740762529442974_8380793196672574169_n  

 22852177_740762526109641_8376880409736016340_n

22814402_740762522776308_7278357078228288611_n

普段食卓によく上がる調味料、お醤油や味噌や塩などまた豆腐や納豆、漬物などはできるだけ体にいいものを揃えたいと思っています。 

それが高じて自分で作れないかという方向に。。。今は味噌と醤油は手作りをしています。。お漬物も出来る限り手作りするようにしています。

勿論それが体にいいからというのもありますが、母や祖母たちの時代にその家々で普通にやられていたことを私も大事に受け継いでいきたいという思いが強くあります。

そして何よりもおいしい。手作りのお醤油の豊潤な香りと滋味深い味わいは得も言われぬおいしさです。

その季節季節を大事にして、育てていく楽しさもありますね。

そういう日本の伝統的な暮らし、日本の発酵食品を少しでも忘れずにいたいと強く思います。

今後は叔母が毎年作ってくれる梅干しも自分で作っていきたいしお豆腐も手作りしたいです。

そして昨日ワークショップで出会った素敵な女性に東京農大のオープンカレッジについて教えていただいたので本日早速申し込みしました。

またあの素敵な女史に再会できるのだ。それだけでも嬉しい!

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
http://www.kusunoki-dental.jp/