タバコの害

大田区糀谷駅前のくすのき歯科です。

まぁ毎日暑いですねぇ。本当にどうにかなっちゃいますねぇ。。。
皆さまお加減いかがですか?

さて今日は喫煙と歯周病についてです!
cigarette_01
2020年に向けて受動喫煙対策が急がれていますね。
私もちょっと苦手です。
いやですのよねぇ。口臭がたばこ臭いのって。。。幻滅です。
喫煙は歯周病のリスクを高めます

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれていて、
そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。
喫煙者は、お口が臭い・ヤニがついて汚いだけではなく、歯周病(歯槽膿漏)にかかりやすく、
ひどくなりやすいので、更に治療しても治りにくいことが解っています。

喫煙が口腔内に与える影響

タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。
実際に治療を始めても歯肉の治りは悪く(もちろん何もしないでいるよりは改善しますけれど)、
手術を行ったとしても効果の現われ方が非喫煙者よりも低いのです。

しかも、治療後経過を追っていくと、喫煙者の歯肉は再び悪くなっていく傾向にあります。

どうしてこういう事が起こるのでしょうか?

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」は組織への酸素供給を妨げますし、
「ニコチン」は一種の神経毒で、血管を縮ませるので、体が酸欠・栄養不足状態になります。
ニコチンは体を守る免疫の機能も狂わせますので、病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。
更に傷を治そうと組織を作ってくれる細胞(線維芽細胞といいます)の働きまで抑えてしまうので、手術後も治りにくくなります。
また、「ヤニ」という形で歯の表面に残っているので、歯がざらざらしてバイ菌が張り付きやすくなるのはもちろん、
いつまでもお口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけることになるのです。
cigarette_02
禁煙の効果はありますか?
禁煙することで、この危険性が下がっていくことも、研究の結果解っています。

「歯周病にかかりやすさ」は4割も減ります。
手術後の治療経過も禁煙者は非喫煙者とほとんど差が無くなります。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
https://kusunokishika.wordpress.com/

広告

舌接触補助床って何?

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

まぁ、梅雨もあっという間に空けてしまいましたね・・・恐ろしいです。

今年はスーパー猛暑だそうです。
当院の訪問部門も苦しい季節になりました。

どうにか働きやすい環境を整えてあげないとな・・・

ところで表題の補助床ってご存知ですか?

麻痺や嚥下に障害がある方が飲み込みやすくなるようにするために使うリテーナーみたいなものです。

舌接触補助床のセミナーって中々ないので逃さないぞとばかりに行ってきました。

目からうろこ!

まずは麻痺や障害のある方のお口を体験しようと摩訶不思議なマウスピースを入れました。
36383532_871147836404442_662642947589668864_n

この装置を入れてお水を飲んだり、つばを飲み込んだり、お話ししたり。。。
36404231_871148046404421_3736305163049107456_n

こんなにも大変なのですなぁと実感。
こういうことを疑似体験することで相手に対する思いやりも深くなりますね。

今までこんな感じかなとあやふやに(それなりに結果が出ていたことも不思議に思う)なっていた部分が明るくなってこれからは理屈の伴ったお仕事ができます。

ますます頑張ろう。

これからが夏本番!くれぐれも熱中症に気を付けてお過ごしくださいませ

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/
usunokishika.wordpress.com/

プラークってなんだろう

大田区糀谷駅前のくすのき歯科です。

もうすぐ梅雨ですかねぇ。
雨はいやだけれど雨に濡れる木々の葉は瑞々しくて大好きです。

さてさて皆さんはプラークって言葉を聞いたことがありますか?
コマーシャルでも良く聞きますから、最近では耳馴染みのある言葉かもしれませんね。
でもじゃぁプラークって何って聞かれたら・・・・

プラークは、お口の中の常在菌が食べ物の残りカスなどを栄養源にして、歯の表面に付着・繁殖してできた塊の事です。

そうなんです~菌の塊なんですねぇ。
いやぁん、汚いですねぇ。。。
プラークは一度歯に付着するとバリアを作ってしまい、うがい薬などの薬効成分を通さなくなってしまうのです。
細菌はバリアに守られた環境で、ヌクヌクと悠々自適に虫歯を発生させる酸を産生したり、歯周病を引き起こす毒素を放出したりしているんです。
いやなやつですね。

そのバリアを壊す方法は何か!

hamigaki-sample-e1470470191992

そうです、日々の丁寧なブラッシングなんです。

ご自身で取りきれないところって案外あるんです、そんな時は専門家によるクリーニングをお勧めします。
皆さんもお口の中を清潔に保って楽しいお口人生を過ごしましょう。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
https://www.kusunoki-dental.jp/

観察

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。
まぁ桜も段々と葉桜となりましたが急に暑くなってきましたぁ。
さわやかな季節っていつのことになるのでしょうかね?

さて久しぶりに小難しい本を読んでいます。
IMG_5625.JPG

この本は、『平穏死のすすめ』という本の著者である石飛先生の講演の中で医療人なら是非読んでみなさいとおっしゃっていた本。
細分化された現代医学の弊害や進歩した医療の裏に見える悲しみなどがつづられているように思いますが
そこにこんな一文があります。

【視野の狭い専門家ほど危険なものはない】

この本の著者であるアレキシス・カレルさんのおっしゃる視野がどれほど広いのかはわかりませんし
比較にもならないでしょうけれど、私も常々同じように考えています。

患者さんのお話の短いセンテンスの中にはたくさんのヒントが隠されています。
そこをどれほどくみ取り、あーかもしれないこーかもしれないと想像していき、この患者さんが欲するものはこれなのかもしれないというところに落ち着く。

私が思うに視野が狭いとこの作業が中々進まないのではないでしょうかね?

では視野を広げるにはどうしたらよいのでしょうか?
これは難題ですね。

私は様々な分野の方々と会話をすること、人生の先輩とたくさん話すということで自分の偏った思考の癖を修正したり、新たな考え方をストックしたりしています。
本を読むも大切なことですね。

本を読んでいるとヒントとなるキーワードや一文に出会います。
それをしっかり自分に落とし込んでくわけですねぇ。

日々の患者さんとの会話や問診によって語られる訴えを自分の考えだけで決めつけてしまわないで
異分野の思考であっても応用したり利用することの大切さ。
特に在宅診療では本当に大切なことだなぁとつくづく感じます。

日々努力、精進ですな。。。。頑張ります~。

あー花粉症・ひのき~早く終わらないかなぁ。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
http://www.kusunoki-dental.jp

キャンペーン実施ちう。。。

大田区糀谷駅前くすのき歯科です。

今日は寒いですねぇ。。。足の先が痛い私です(泣)

さてそうは言っても確実に季節は移ろいつつあります。

そう~春ぅ~です。

街並みが、道行く人のお洋服も軽やかになってウキウキします。

(花粉症はきついけど・・・)

そんなまばゆい陽射しの中口元も素敵に装いましょう~。

ですです!ホワイトニングキャンペーンです。

dav

綺麗な口元で新年のスタートも悪くないですよねぇ。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階
03-3743-2777
月~金 10:00~13:00 14:00~19:00
http://www.kusunoki-dental.jp 

お知らせ

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

年の瀬ですねぇ。

皆様、お仕事、おうちの片付けにお忙しい頃でしょうか?

最近、我がクリニックにもバイトでお手伝いくださる先生が増え、ブログも書いていただけるようになりました。

その分私がものぐさになってますが(笑)

私は大掃除というものを殆どしたことがないのですが、私の趣味のひとつに断捨離があります。

これは年に一度の大掃除というよりも季節に一度場所を決めて無駄なものを整理するようにしています。

なので改めて大掃除というものをしないのです。

かといって、一月一日から平気でお掃除をしちゃったりします。

新年に向けてお口の中も綺麗にしたいですねぇ。

歯石を綺麗に取ったり、ホワイトニングをしたり。。。いいなぁ。

明眸皓歯・・・・

こんな言葉ご存知ですか?

美女の形容。美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意から。

非業の死を遂げた楊貴妃をしのんで、唐の詩人杜甫とほが作った詩の語で、もとは楊貴妃の美貌びぼうを形容した語。

そうなんです!歯は美しさ、美貌の条件なんですよ。

だから口元は大事。。。

今年、もういいやと後回しにされていた方も来年は綺麗にしましょうよ。

年末年始のお休みですが

12月29日13:00までになります。

新年は1月5日から通常診療となります。

よろしくお願いいたします。

i-tori103

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

 

父の入院

京急線糀谷駅前のくすのき歯科です。

今回からブログ投稿に参加させていただきます。院長先生からもじゃ男と呼ばれております。

最初の投稿ですので、どんな内容が良いか悩むところですが自身の最近あった出来事について書いてみようと思います。

つい先日、父が貧血で入院をするという電話が自身に届きました。あまりに急な事でしたので、通常通りに診療を行いつつも内心焦りを隠せないという状況下でした。

幸い命に別状は無く、今週のうちに退院できると電話がありほっと一安心でしたが、安全が分かるまで様々なケースが脳裏をよぎり生きた心地がしなかったというのが正直なところでした。

そんなとき、過去に恩師から受けた言葉を思い出しました。

人生では、辛い経験が誰にでも訪れます。そんな辛い経験をした時、恩師は自分に1つのフレーズをくれました。

「君が経験した事は、本当に辛い事だ。」

「ただ1つだけ良かった事がある」

「それは、同じ辛い経験をした者に対して優しくなれるということだ」

現在、自分はくすのき歯科さんで訪問診療にて要介護の方の診療を行っております。五体満足の健常者は中々おらず、ご家族が介護をしている現場に赴くことが多いです。

今回、父が入院した時、介護を始め、今後どうしようといった様々な事が脳裏浮かび不安になりました。

自身の今回、経験し感じた不安は、

現在、訪問治療でお会いしているご家族の方々も同様に感じている不安なのだと感じとれたような気がします。

訪問診療は外来の診療とは異なり、ご家族の気持ちも考えていかないといけないと院長先生から教えて頂いていますが、今回の父の入院にて、改めてその言葉の意味が少し分かったように思えます。

日々の診療でも学ぶ事は多く、1つ1つを自身の成長に昇華させていければと思います。少し堅いお話になってしまいましたが、初回の投稿、最後まで読んでいただきありがとうございました。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00