受験

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

世間では大学入試の時期ですね、こんにちわ、Dr.もじゃ男です。

 

現在、同僚の衛生士さんの息子さんが外来に歯の検査に来ており、来年、受験との事です。

自分の大学受験は大分、昔の事ですが受験日の緊張感は今でも思い出します。

受験当日は、受験生が試験会場へ列を成し道路を横断し向かっていく様子があります。

試験会場では、周りの受験生が出来るように見えたり、それぞれ様々な事を考える模様です。

 

a287796-0

↑出来るように見えるイメージ図

 

受験は大変なモノですが、人生で数少ない自身の実力が点数として反映されるターニングポイントと考えます。社会人になると答えは1つでは無く複数あり、時には回答無しという局面もあったりします。

受験においては、設問それぞれに答えが用意されており、それに辿りつけば等しく点数が与えられます。自身が高校時代に学んだ事を解答用紙に記述することで試験官に評価される、そんなシンプルなものです。

受験時代は、恐らく勉強の中で様々な感性が養われると思います。自問自答することで、自身の弱さも時には感じると思います。しかし、そこで経験した事は喜びであれ、苦労であれ、社会に出た時に役立つと考えます。

E6A19CE4B8A6E69CA8E38080E5B2A9E6898B.jpg↑受験のイメージ

合格は「桜咲く」と表現されますが、見事な桜を咲かせる光景は受験生にとって眩い春の訪れとして心の中に残ると思います。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

広告

ブラッシング

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

今日は風の強い一日となりました、こんにちわ、Dr.もじゃ男です。

czcrdw4wcaihjfg

日本人の平均歯磨き回数でもっとも多い回数は厚生労働省が行った調査によると2回というデータがあります。

なかなか、1日の中で朝昼晩の3回を磨く事ができる方は少ない模様です。

患者さんの中にも、お昼は中々磨けないという方もいれば、夜は疲れて磨けないなど年齢によって様々です。

お口の中の菌が一番増えるのは、就寝中の唾液があまり出ない乾燥した状態といわれています。寝る前の歯みがきが他の時間帯に比べて大切と言われるのは、このためです。

疲れていても、寝る前の歯みがきは大切ですので心掛けていきましょう。

C1OXPp9XcAAgpkS.jpg

 

今回は、まったりとした話題でしたが、花粉症に負けず頑張っていきましょう。

 

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

心のケア

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

今日は春風が吹き暖かい一日となりました、こんにちわ、Dr.もじゃ男です。

訪問診療を行っていると、抜歯するか悩むケースも少なくなかったりします。健常者の場合は容易に抜ける歯でも脳梗塞などの疾患で、お薬をたくさん服用されている患者さんの場合は、簡単にはいかないケースが割とあります。

c0p7w6ixgaahojt

↑どうにもならないイメージ図

 

中々、処置ができないケースに遭遇した場合、

「ドクターはその患者さんに対して何もできないのか」

と言われると、そうではないと恩師に教えていただいた事を今でも覚えています。

 

また、同じ職場の衛生士さんで、摂食嚥下の講演会に参加された際の講演者のお話で

「処置ができなくとも、一緒にお話をして寄り添うだけでもいいじゃないか」

という内容を講演者がとても熱く語られていたのが良かったとのことです。

恩師が話してくれた内容と、今回、衛生士さんが講演会で聞いた内容はとても近似しており、改めて医療について考えさせられました。

5

↑考える図

訪問診療にて口腔ケアを行う事で、大幅な改善に繋がるかと考えた場合、外科のオペのように劇的な変化があるかと言われると何ともいえない部分があります。

ただ、口腔ケアを行う事で現在の状態からの悪化を防止し、現状を維持することはできます。それに加えて口腔環境の疑問点や不安を患者さんやご家族がドクターに相談することで、それがどういうものか分かり、心配が安心に変わることもあります。

「いつでも口腔状態はドクターがしっかりと把握し、ケアしますので安心して下さい」

これだけでも、患者さん、そのご家族の心配や不安は取り除かれるのではないかと思います。

冒頭で少し触れましたが、これが患者さんに寄り添う医療であり、医療従事者に求められる患者さんへの心のケアと自分は考えます。

日々、診療をしていると様々な観点で疑問点が浮かびますが、患者さんがどうしたら幸せに感じるかを第一に考え、日進月歩、頑張っていきたいものです。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

規則正しく

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

今日は雪が降りました、こんにちわ、Dr.もじゃ男です。

雪が降ると子どもの頃は、意気揚々と気持ちが高ぶりましたが、今は交通の遅れなどを心配するようになりました。雪といえば昔、「結晶」の画像をみて驚いた記憶があります。

 

normal

「左右対称でここまで綺麗な形状は自然界でも余り無い」と小さい頃に恩師に教えられた覚えがあります。

 

「規則正しい形」というものは、形状だけでなく生活のリズムにも当てはまる模様です。

仕事が出来る人の特徴として「毎朝、規則正しく同じ生活リズムを刻む」というものがあるとの事。

以前、医局の先輩で毎朝、決めた距離をランニングし、オペの日も同じ日課を崩さない方がいました。

中々、毎日同じように決めた日課をする事は難しいですが、それを行う事で自身のリズムを構築し、調子を整えていくスタンスは自身にも取り入れたいと感じました。

%e3%83%aa%e3%82%ba%e3%83%a0_1425478193

雪の降るような寒い日が続いていますが、健康に気をつけ頑張っていきましょう。

 

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

 

 

 

 

 

満足度

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

一昨日、昨日は歯科医師国家試験でしたね、こんにちわ、Dr.もじゃ男です。

 

受験シーズンといえば、花粉症も少しずつ意識し始める時期で、必需品となるマスクにも色々と工夫されたモノがあったりします。

stn-rk-0736-38

 

マスクといえば白が定番ですが、このように遊び心を持たせたマスクもまた面白さを感じますね。

上記のマスクは子供用ですので、花粉症に用いる事は少なそうですが・・・(*・ω・)

 

こういった日用品をオシャレにデザインしたものを見ると個人的に和みます。製作側は、消費者の需要を考えて試行錯誤する訳ですが、医療においても当てはまる事が多いと考えます。特に審美の部分では、患者さんの満足度が一番重視され、患者さんの求めるものをしっかりと反映させなければベストとは言い切れません。

昔は、医療パターナリズム(medical paternalism)という考えが主流でした。

パターナリズムとは「患者の最善の利益の決定の権利と責任は医師側にあり、 医師は自己の専門的判断を行なうべきで、 患者はすべて医師に委ねればよい」という考え方です。

現在は、患者主権主義(patient sovereignty)という考え方が強くなりつつあります。

患者主権主義とは、「患者は医療に関することであっても、 自分のこと、自分の健康にかかわることは自分で決める権利を持ち、 情報提供の義務も技術提供の義務も医師側にあるが、 それを決定するのは患者側である」という考え方です。

どちらに偏っても、メリット・デメリットがありますのでケースバイケースで上手く適応させていければ良い模様です。自己満足の医療では無く、患者さんも満足した双方にとってOKと思えるモノを意識していきたいですね。

Print

↑満足した様子のイメージ図

 

少しずつ暖かくなってきますが、体調管理に気をつけつつ頑張っていきましょう。

 

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

漢字

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

明日は歯科医師国家試験ですね、こんにちわ、Dr.もじゃ男です。

 

車で移動してると面白い看板が目に飛び込んできましたので、少し扱ってみようと思います。

それは、「㐂」という漢字です。

kinoji_01

一瞬、何て読むのかなぁと迷いましたが、これは「喜(キ、よろこぶ)」の略字の模様です。

「喜寿(きじゅ)」とは、「七十七歳」のことで、左下の「七」は「十」の縦棒が右側にハネて「七」に見えるとのこと。

7が3つというとスリーセブン=歓喜と想像してしまいましたが、実際はこんな意味があったという小話です。

 

001035_01

 

日常生活において、普段何気なく見ているものでも、実は深い意味や裏づけがあったりします。

例えば日々の診療でも、1つ1つにエビデンスがあり、それを疎かにすると質の良い医療の提供が難しくなると言われています。「何故にこの治療法が推奨されているか」の意味を熟知しておく事は非常に大切です。

1つ1つの事柄に対し、疑問を持ちその意味を考える姿勢の大切さを感じた、そんなささやかな出来事でした。

 

5

↑思考中

 

風邪が流行っていますが、健康に気をつけ頑張っていきましょう。

 

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 03-3743-2777

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/