唾液って大切なのです!

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

もうすぐ入梅でしょうか?少しずつムシムシしてきましたねぇ。。。

冷たいジュースやカキ氷、アイスが美味しい季節になってきました。

さて今日は唾液のお話。

93d6792b

唾液には沢山の大切な働きがあります。

虫歯も風邪も予防してくれるのです。
虫歯になりやすいか?、なりにくいかは? 以下の項目が関係しています。

飲食回数、 食事内容(砂糖・炭水化物の摂取量)、 プラーク数(歯垢)、 細菌の量、 フッ素の利用状況、

唾液量、 唾液の性質、 これまでの虫歯の状況、 関連全身疾患 
この中で、唾液量、唾液の性質、細菌の量については、唾液検査(サリバテスト)を行います。
唾液の量は、1分間に1ml以上出ていると問題ありませんが、薬の服用や加齢、口呼吸、ストレスなどで減少していることがあります。
唾液の性質とは、歯を虫歯から守る力が高い唾液と低い唾液があり、それを調べます。(唾液緩衝能)

当院でも唾液によるリスク検査を始めました。

p01

患者さんの唾液を採り、37℃で培養して結果をみていきます。

cat21buf

cat21fast

この結果を踏まえて今後どのような治療が必要で、どのようなケアが必要かを判断していくわけですね。

ご自身のお口の中の状態を把握していくことで虫歯予防に対する意識を高め、

おうちでのケアにも繋げていければなぁと思っています。

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10  守田ビル3階

03-3743-2777 

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

 

広告

自分に合う歯ブラシってどんなかな?

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

大分暑くなってきましたね~薫風が青葉の香りを運んできますね。。。

さて前回歯磨きについて書きましたが、歯ブラシって気にしたことありますか?

普段なんでもいいと思って買っていませんか?

歯ブラシは、口や歯の大きさや、みがきたい部位に合わせて、歯並び、ヘッドの幅や長さ、形状に多くの種類があります。
毛のかたさの多くは「ふつう」ですが「やわらかめ」や「かため」もあるので、歯や歯ぐきの状態などによって選びましょう。
またハンドルは、握りやすさや動かしやすさなど、握ったときの好みのフィット感に合わせて選ぶといいでしょう。
 
★毛のかたさについて
多くは「ふつう」ですが、「やわらかめ」「かため」の3種類に分類されています。
「ふつう」は一般的なかたさで効率よく歯垢を除去。
「やわらかめ」は、歯ぐきから出血がみられる人でも優しくみがくことができます。
かためは基本お勧めしません。 
 
★力を入れてみがきがちな人には、鉛筆持ちがおすすめ!
歯をみがく時は、力を入れすぎないことが大切。
鉛筆を持つような握り方なら、余計な力が入らずにすみずみまで丁寧にみがくことができます。
歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまう人やゴシゴシみがきがちな人は、持ち方を変えてみましょう。
 
★いろいろな種類の歯ブラシがあってどれを選んでいいのかわからない時は?
歯ブラシは、口のトラブルのおもな原因である歯垢を取り除くために必要なアイテムです。
効果的な歯みがきをするためには、口のすみずみまでみがきやすく、歯垢をしっかり落とせるものを選ぶことが大切です。
また、みがき残しやすい部位用や、矯正をしている歯をみがきやすいブラシなど、使う目的に合わせて選ぶのも良いです。
 
★歯ブラシ選びのポイント
歯ブラシは大きすぎでも小さすぎでも、清掃効果が低くなってしまします。
ヘッドは歯並びや口の大きさに合ったサイズを、かたさは歯ぐきの状態に合わせて選びましょう。
 
 ★歯ブラシの交換時期は?
歯ブラシの毛先が開くと、歯にきちんとあたりにくくなり歯垢を落としにくくなるうえ、歯ぐきを傷つけたりすることもあります。
たとえ毛先が開いていなくても、長い間使用していると毛に弾力がなくなり、汚れを落とす力が弱まり歯垢の除去率が下がります。
交換の目安は1か月に1本です。
 
 
お気に入りの歯ブラシを見つけて毎日の歯みがきの時間を楽しくしましょう♪

〒144-0034  大田区西糀谷4-27-10  守田ビル3階

03-3743-2777 

月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/