治療後の痛みや違和感って。。。

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

今日はクリスマスイブですねぇ。

はぁ美味しいケーキ食べたい!

今日は、治療のあとの痛みや違和感についてお話しします。

治療後にしみるわけって?なんでしょう。。

象牙質まで進んだムシ歯を治療する際、さいわい神経をとらずにすんだ歯に、治療後冷たいものがしみる、

違和感がある、強く噛むと痛いなどの症状がでることがあります。

治療自体がうまくいってるのにしみてしまうわけをお話しするには、まずは象牙質の構造の説明が必要でしょう

健康な歯は硬いエナメル質で覆われています。

ところがエナメル質に穴があくと、むきだしになった象牙質に加わる様々な刺激が神経に伝わるようになってしまいます。

じつは象牙質は細いチューブを寄せ集めたような構造をしていて、その象牙質のチューブの中を、

神経から延びる細長い神経組織が通っています。

つまり、象牙質がむき出しになるということは、「神経がむき出しになるのとほとんど同じこと」なのです。

治療後にしみるという症状も、やはりこうした構造が影響しています。

むし歯を治療するには、細菌に汚染された象牙質を削って取り除きますが、じつはこのとき、

チューブを通る細い神経組織の末端も一緒に切り取らざるを得ません。

むし歯の治療とは、生体を切除するいわば外科処置。

治療後にしばらくしみるのはこういうわけです。

また、細菌がチューブから神経へと入り込んでいる場合、生体が炎症を押さえ込むまで軽い違和感があります。

しかしよくしたもので、刺激が神経に伝わり続けると、歯は刺激をシャットダウンするために、二次象牙質という防御機構を作り上げます。

これには3ヶ月程罹りますが、二次象牙質が出来ると完全に症状が消え、新たに神経を取る治療を追加しなくても、

様子を見ているうちに症状が消えてしまうことがほとんどです。

神経は、神経組織以外にも毛細血管などが通っている、歯に栄養を運ぶ大切な組織です。

神経をとっても被せものをして使い続けることは出来ますが、歯の命が失われているため、耐久性が落ちてしまいます。

手の加わっていない自分の歯ほど丈夫でいいものはありません。

歯科医師も、患者さんが久々に来院するたびに、嫌がられながら硬い歯を削らなければならないのは、気が重いものです。

そこで、治療が終わったら、今度は予防のために歯科医院に通いましょう。

治療の繰り返しから解放されているご自分に、しばらくしてきっと気づくでしょう。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 

03-3743-2777

 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

広告

年末年始の診療

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

師走に入りお忙しい毎日を過ごされているのではないでしょうか?

心なしか朝の通勤の道も混んできているような気がします。

まぁバスが遅れるんです!(怒)

image

でももうすぐクリスマス。。。

まぁクリスマスを楽しむ年頃もとーーーっくにすぎましたが(笑)

さて当院の年末年始のお休みですが。。。

12月29日〜1月5日になります。

宜しくお願い致します。

昨日食べたあまおう満載のパフェ。。。美味しかったなぁ

image

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 

03-3743-2777

 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/

レントゲンのお話

京急線糀谷駅前くすのき歯科です。

だいぶ寒くなりましたね。

冬の寒さには強い私です!(笑)

さて最近はレントゲンを撮ることに抵抗を感じる方が増えたように思います。

特にクリーニング(歯石除去)を希望される方が多いようにも見受けられます。

保険で歯石除去(クリーニング)をするということは診断・病名が必要なんですね。

治療加療が必要だから保険が適応されるわけです。

病名をつけるにはその診断ツール(レントゲンや歯周検査など)が必要になってきます。

歯は硬い組織のためにレントゲンを撮らなくては正確な診断をすることができません。

しかし、実は歯医者で撮るレントゲンの被ばく量は

日本人が一年間に自然に浴びる放射線の1/200程度なので、

ほとんど体に影響を及ぼすことがないのです。

1.歯医者のレントゲンとは

歯医者で撮るレントゲンは歯や顎の骨の硬い組織の変化を確認するために撮影します。

レントゲンの検査によって虫歯や顎の骨にできた膿の袋、副鼻腔炎なども確認することがでます。

また、近年はCTレントゲンなどの普及に伴い、3次元的に顎の状態を確認して、

インプラント治療においては必須の検査となっています。

2.歯医者で撮るレントゲンの被ばく量と自然被ばくとの比較

日本人が一年間に自然に被ばくする放射線量2.0mcvを基準としています。

 

2−1.歯のレントゲン0.01mcvで自然被ばくの1/200程度

歯のレントゲンは虫歯の深さや歯を支えている骨の高さを細かく見るために撮影します。

特に歯と歯の間の虫歯は見た目では確認することが難しいため、

歯のレントゲンを定期的に撮影し、歯の痛みが出る前に必要であれば治療を行います。

 

歯科治療におけるレントゲンの診断はとても重要なものです。

正確な治療を行う歯医者ではより多くのレントゲンを撮影します。

治療前の診断や治療中、最終的な確認などレントゲンは欠かせないものです。

以前に比べX線の照射量も少なく、鉛のエプロンをかけているので

ほとんど気にしなくていいほどの被ばく量です。

被ばくという言葉に惑わされず、症状が悪化する前に適切な診断の上、

治療をすることをお勧めします。

〒144-0034 大田区西糀谷4-27-10 守田ビル3階 

03-3743-2777 月~金 10:00~13:00 14:00~19:00

http://www.kusunoki-dental.jp/